vol.7 高校入試にイマイチ気持ちが乗らない 中3生のあなたへ

 

もうすぐ6月。

東京都や千葉県、埼玉県、神奈川県の中学校

ではようやく授業が始まりそうですね。

 

中学3年生のあなたは、1月から本格的に始まる

高校入試に向けて、第一志望校だけでなく、

受験校すべてをそろそろ考え始めて、

夏休み中には決めたいところです。

 

今年は新型コロナウィルス感染拡大の影響で、

1学期に予定されていた高校の説明会は

すべて中止になってしまいました。

おそらく7月8月あたりから

各高校は学校説明会を開催し始めると思います。

 

短期間で自分が受験する高校を決定しなければ

いけないなんて…と思うかもしれません。

 

でも見方を変えると、

来年から通う高校をあなた自身が

決めることができる人生初のチャンスなんです!

公立小学校、公立中学校というのは

あなたが住んでいる地域でほぼ自然と

決まってしまいます。

 

高校は違います。

家から通学可能圏内という条件や

公立高校であれば学区制限がある県も存在しますが

どの高校にも行く権利をあなたは持っているのです。

もちろん入試に合格することが前提条件になりますが…

これってスゴイことだと思いませんか?

 

ですから、中学3年生のあなたには

親や学校の先生、塾の先生に頼り過ぎず

ここは「人生のハッピーポイント」ととらえ

どの高校を目指すかを

しっかり考えてほしいと思います。

 

どの高校に行くかを考える過程で

将来、どんな仕事をしてみたいか?

将来、大学や大学院でどんな研究をしてみたいか?

という

「私は何がしたいの?」をまず考えてみましょう。

「別に何もしたくない…」という人は、

「何をしていると楽しいか?」という基準で

考えてみると良いかもしれません。

 

例えば、今の時期だと…

「私は寝ることが好きだ!」というあなた。

睡眠は人間を含めた動物にとって、

不可欠なものです。

なぜ眠くなるのか?

睡眠によって、なぜ元気になるのか?など

睡眠を科学的に研究するのも

立派な将来のビジョンです。

そこまでイメージできたら、

今度は睡眠を研究している大学や大学院を探す。

その大学や大学院に進むためには

どんな高校で何に力を入れて

勉強すれば良いかを調べる。

 

あくまでこれは例ですが、

このようなステップであなた自身の将来ビジョン

を明確にしていく。

ここまでイメージすることができれば

あなた自身の意思で高校を選択することも

できると私は思います。

 

5月末までは時間に余裕があるという中3生は

ぜひここまで書いたことに挑戦してみてください。

 

中3生のあなたが自分自身で

受験する高校を決定するために必要な

様々な情報を私もできるだけ多く

ブログ等で提供させていただきます。

 

 

※ 次回は5/26(火)にアップ予定です。